今日もまた道を聞かれた

道を歩いていると良く道を聞かれる。ついでに言えば写真のシャッターを頼まれることも年中。

今日は夕方少し早く仕事を上がって本屋によっての帰り道。ちょうどむこうから歩いてきたカップルが狙い定めたようにやってきて、道を聞かれた。道の名前を言われても分からなかったけど、目的地はわかったので無事説明できて、じゃあありがとう!と手を振って別れて数歩歩いてから言われた道がどこなのか思い出した…。ああ、たぶんそれだとめんどくさい方角を教えてしまったかも…。まあでもこの時間その道のゲート開いてないと思うし、いいやと振り返ることなく立ち去ったのだった。

そんなわけで、あんまりよい道案内ではないんだが、なんでこんなに道をきかれるんだろう?

続きを読む “今日もまた道を聞かれた”

シトラスはシャンディ?:ちょっと甘いビールもたまには悪くない

http://www.carlsberggroup.com/brands/Pages/CarlsbergCitrus.aspx
こちらでは自宅のビールのストックをなんとなく瓶ビールにしている。自分でも何でなのか理由はないけど、ちょっと一人で飲むかって気になった時、500の缶より、瓶(バドやローリングロックの瓶を想像してください)の方が、そのまま飲んでも口当たりがいいし、量的にもちょうどいいからだろう、たぶん。特に銘柄は決めていないので、Carlsberg, Kronenburg, Heineken, Becks, Peroni, Stella, Foster etc..その日の気分や店の品揃えで適当に買っている。まあ缶に比べて冷蔵庫に入れにくいのが難点だが、まあそこはそれ。イギリスのラガーorピルスナーは(今上げたラインナップはデンマーク、フランス、オランダ、ドイツ、イタリア、フランス、オーストラリア…全然イギリス入ってません)…Carling? パブでほかになければ飲むけど、あんまり買わないなあ(大体カーリングは本当にイギリスビールなのか?)。
普段まだ冷蔵庫にビールが残っている状況で次を買うので、 基本冷えていない棚から買うのだが、たまたま冷蔵の方をのぞいたら、見慣れないカールスバーグを発見、その名もCarlsberg citrus。とりあえず連想したのはもちろんコロナビール。あらかじめレモン(コロナならライムだろうけど)入れてありますってこと???見つけた時はなんとなく色物っぽい気がして違う銘柄を買って帰ったのだが、なんだか気になる。翌週ビール売場の棚に冷えてないカールスバーグシトラスを発見。そっとカートに入れてみた。日本のサイトを見て回ったが、どうやら日本ではシトラスは発売されていない模様。ヨーロッパオンリーってことかな。

続きを読む “シトラスはシャンディ?:ちょっと甘いビールもたまには悪くない”

田舎の開かずの踏切

何十分待っても開かない、開かずの踏切といえば都会のイメージですが、田舎でも開かずの踏切を発見。これも何時間待っても開かない踏切、自分で開けない限りは…。

自宅から車で30分ほど北にある大聖堂が有名な街からの比較的長いウォーキングコースを歩いていたら、こんな踏切に出くわしました。

続きを読む “田舎の開かずの踏切”

Take the crown studium tour 2013-4:やっぱりAngels!

アンコールさてラストスパート。最終回はMe and My monkeyから終演まで。
日は完全に暮れて、iphoneのカメラじゃ取れなくなってきてコンデジに切り替えた(それでもやっぱりぶれるとなんだかわからない写真だらけに)。ライティングもディスコ調で、なかなかカラフルな感じになっていて楽しかったけど、写真にはなかなかきれいに取れず残念。
最後は新曲よりは過去の有名曲メドレーのようなものなので、会場も盛り上がって、みんな立ち上がって踊って楽しかった。そしてアンコール!
ライブが終わって多いに満足して、人の流れにのってなんとか一人ホテルにたどり着くまで(遠足だから)で今回のライブれぽも完結。相変わらず一人であわあわしたり、もたもたしているけど、なんやかんや言って何年先になるかわからないけど次のツアーもどこかで行きたいなあと、ほくほくしながら歩く帰り道なのです。

続きを読む “Take the crown studium tour 2013-4:やっぱりAngels!”

Promsとフラメンコ:靴音にしびれる

http://www.bbc.co.uk/programmes/p01dbb9j
夏というのはクラシックファンにとっては「シーズンオフ」なのですが(どこのオーケストラもこの時期お休み、あるいはツアーとかに出てしまうので、せっかく海外旅行先でコンサートに行こうと思っても地元のオケはいなかったりする)、イギリスにいると夏はPromsというありがたいものがあります。7月半ばから9月まで毎日2-3回の公演がロンドンのロイヤルアルバートホールで開催され、世界各地のオケやアーティストの演奏を比較的安価に楽しむことができます。今年は残念ながら観に行けていないのですが、なかなか楽しいお祭りです。
PromsはBBCが放送してくれるので、メインのプログラムは結構テレビで見ることができます。昨日は何気なく夕食後につけたTVで、BBCフィルとAntonio Marquez Companyの共演。とてつもなくカッコよかった。
(現在Robbie Williamsのツアーのれぽ完結編を書いてみているのだけど、写真をのせたりしていると意外に時間がかかってしまって、更新がままならない。その間にも色々思いついたこともあって、どんどん忘れていくのもツマラナイ。というわけで、さらっとかけちゃうものは先に更新しちゃうことにしました。待っててくださるかた、すいませんが少しお時間ください。)


今回はPromsと昨日TVでみたフラメンコのお話。

続きを読む “Promsとフラメンコ:靴音にしびれる”

Take the crown studium tour 2013-3:歌いっぱなしの25曲

Candy!今回はロビーが出てきてから、Sexed Upまで(おっと、でもこの写真はそのあとのCandyだった、失礼)。
セットリストを見るためにWembleyの5 Julyのページ (いつまで見られるかわかりませんが)をみたらオーディエンスは75000人だって。そう考えるとロンドンにやってこれる人でわざわざチケット買って彼を見に行こうという人が7.5万×4晩=30万人いる!って考えるとすごいよねえ。

続きを読む “Take the crown studium tour 2013-3:歌いっぱなしの25曲”

Take the crown studium tour 2013-2:写真だけまとめてみたのでよろしければどうぞ

写真を大きくして見られないと、雰囲気わからないなあとおもっていたので、写真共有サイトフォト蔵さんのサービスを使ってアルバムを作ってみました。右のサイドバーにもブログパーツとして貼ってあります。 一応時系列にならべ、なんの … 続きを読む Take the crown studium tour 2013-2:写真だけまとめてみたのでよろしければどうぞ

Take the crown studium tour 2013-1: あいかわらずなかなかたどりつけない私

Road to Wembley今回から3回(予定)にわたってロビーウィリアムスのコンサートに行ってきた話を書きます。

大まかなコンサートに関する感想は前回書いてしまったので、今回はある種自分用の備忘録的意味で、細かい出来事を色々時系列にそって書いていきたいと思います。ですので、基本自分があわあわしたり、わらったり、ひやひやしたりしたこと中心に書いてます。一回目はスタジアムにたどり着いてロビーが出て来る前まで。ロビーファンの皆様には、慣れないファンがスタジアムにたどり着くまでの慌てぶりを笑ったり、ライブに行くときってそんな感じだよねと思いだしていただければ幸い。それ以外の方々は私のいつものあわあわ旅行記として読んでいただければありがたいです。
(JUGEMの仕様上、サムネールクリックしてもさほど大きな画像は見られないみたい。ちょっと大きいので見た方が楽しそうだなというものは別にリンクを張りますね。)→写真だけまとめたのはこちら

続きを読む “Take the crown studium tour 2013-1: あいかわらずなかなかたどりつけない私”

Take the crown studium tour 2013: Wembley studium

チケット
7年ぶりのRobbie Williamsのツアー、ウェンブリースタジアムでの最終日に行ってきました!(2006のツアーはハンブルグのコンサートへ。その時の模様は右カラムのspecialからどうぞ)細かい話はここ数日でまとめて上げていこうと思っていますが、とりあえず楽しかった昨晩の気分だけまずお届けしようかと思います(本日はですます調の気分)。

続きを読む “Take the crown studium tour 2013: Wembley studium”

オレンジの缶詰はみかんの缶詰ではないのです

 
 
先日職場のBBQパーティで、デザートの持ち寄りがあったので、久しぶりに牛乳寒天みたいなものが食べたくなって、みかんを敷き詰めた上に牛乳ゼリーをかけて冷やし固めるというものを大きめのバットに作ってみた。
 とっても簡単なのだが、結構当たり前のことを忘れていていつもとちょっと違ったものに。というのはあったりまえのことなんだが、みかんとオレンジは違うっていうのをすっかり忘れていて、オレンジの缶詰を買っちゃったのだ。日本でみかんの缶詰といえばどんなの買ってもまあ変わらないし、オレンジの缶詰なんて、みかんに比べたらほんとに端っこにあるだけで間違えようがない。なんとなく脳内翻訳でみかん=オレンジになっていた私は、何の疑いもなくオレンジの缶二つ(日本のロング缶相当の量が欲しかったので中1個、小1個)を買って帰って、缶をぱっかんと開けた時に違いに気が付いたのだった。

続きを読む “オレンジの缶詰はみかんの缶詰ではないのです”