大晦日の #コーヒー です。今年は多くの方に朝のコーヒー時間をご一緒していただいて、素敵な一年になりました。

  大晦日です。今年もChips with everythingを読みに来ていただいて、本当にありがとうございます。 現在ようやく煮しめのめどがついて、あとは栗きんとんという状況のkonamaです。 &nbsp … 続きを読む 大晦日の #コーヒー です。今年は多くの方に朝のコーヒー時間をご一緒していただいて、素敵な一年になりました。

Postcrossingをはじめて4か月のなんとなくの決まり事

ちょっと間が空きました。
例年この10-11月というのが最も忙しく(というより純粋に拘束時間が長い)、帰って来てもストレス発散にネットを見るか、ぱったり寝てるかであんまり何か書くというのが難しい時期です(とはいえ、今回はNotebookersに記事を奇跡的に書けた…)。
楽しく書いていたPostcrossingもすぐに送れないんだが、でもどんなハガキがいいか考える時間も欲しいのでとりあえず引く⇒やっぱり書く時間がない…という悪循環でいつもより3-4日遅れて発送しております。ごめんなさい。
なんやかんやでこの趣味ものんびり4か月。送った、受け取ったハガキもそれぞれ40通を超えたところです。
今、一度に送れるハガキの数が9なのですが(50通届くと10枚になる)大体一週間に2,3日は書く、受け取るがあります。受け取ったら受け取ったで、登録してありがとうメッセージを書く必要があるので、一枚あたり30分でも以外と時間がかかるものです。とはいえ、うんざりするんじゃ本末転倒。色々自分なりに工夫して、決まり事みたいなものを決めてやってみています。今日はグッズ?のご紹介。
 

続きを読む “Postcrossingをはじめて4か月のなんとなくの決まり事”

Traditional Cheese Platterのお話


Postcrossingを初めて約2か月が経ちました。今までに受け取ったハガキは19枚。
前回も書きましたがプロフィール欄で欲しいハガキのジャンルをリクエストしているわけですが、今回はlocal foodにちなんで、フランスからこんなハガキが届きました。本文を読むと、フランスに住んで長いオランダ人の方で、Traditional Cheese Platterをデザートに食べているのよ、とのこと。
これが、また美味しそうなんですよ。真ん中にブルーチーズ(パッと見スティルトンみたいだけど、フランスだからロックフォート?違うんだろうなあ)とその奥にカマンベールみたいな丸いチーズ、エメンタールみたいなセミハードの脇に細長いサントモール?が並んでます。(チーズの名前は適当に推測)その前にクルミとザクロ、生ハム巻いたグリッシーニ、奥にクラッカーと、確かに伝統的なチーズボードです。
これをみて、ワイン!と思った私は悪くないはず。日本だとワインのお供という方がスタンダードでしょう。自分の家で、夕食後にこんなの食べてたら、血圧がえらいことになりそうですが、ハガキの通りチーズは食後のデザートとして出てくるもの。少し甘いポートとかクラレットといただくのがお作法だった気がします。
でも、意外にこのプレートの中身色々なんですよね。たぶん国によって違うんじゃないかなあと思って、少しネットをさまよってみました。

続きを読む “Traditional Cheese Platterのお話”

日本にはfunny cardってもんがないんだな


前回の記事で、Postcrossingを始めた話をしましたが、登録してからちょうど一か月たちました。
現在の実績は6枚カードが到着して、4枚カードを受け取って、現在配達中になっているのが6枚。
到着したカードが受け取り相手によって登録されると、次の送付先をもらえるのですが、すぐにプロフィールをみて、希望のカードに該当するものが手元にあれば、即日、なければ数日後には送っているので、まあひと月のやり取りとしてはなかなか楽しめているのではないかと思っています。
さて実は先ほど出したハガキは住所をもらってから6日もかかってしまいました。というのもプロフィールにあったリクエストが "funny card" とあったからです。もちろん、そうでなければ町の風景などと書いてありましたし、まったく関係ないカードを送ったって構わないわけですが、こんなリクエストがあるのなら、そりゃあ探さないとねえ、と思ったわけです。
 

続きを読む “日本にはfunny cardってもんがないんだな”

Postcrossing はじめました。


先日Notebookersの記事にも書いたのですが、Postcrossingってものをはじめてみました。
そもそもPostcrossingとは何かというと、ポストカードを送りあうオンラインプロジェクトで、紹介された住所にはがきを送ると、送った先ではないどこか違う人からのハガキを受け取れるというものです。(Postcrossingのサイト
つまり、やり取りを楽しむというよりは、世界中からはがきが届くっていう楽しみのためのものなのです。
昔(中学生だったか)、海外文通(いわゆるペンパル)にトライして、何度かやり取りするうちにネタがなくなって自然消滅というのを経験してから、なんとなく知らない人との郵便のやり取りには苦手意識があったのですが、これは同じ人とやり取りするわけでないので気楽かなと思って初めてみました。
仕事が終わって家に帰って、ポストをのぞくと見知らぬ風景の絵葉書が届いてるってなかなか嬉しいものですよ。
続きを読む “Postcrossing はじめました。”