大晦日の #コーヒー です。今年は多くの方に朝のコーヒー時間をご一緒していただいて、素敵な一年になりました。

  大晦日です。今年もChips with everythingを読みに来ていただいて、本当にありがとうございます。 現在ようやく煮しめのめどがついて、あとは栗きんとんという状況のkonamaです。 &nbsp … 続きを読む 大晦日の #コーヒー です。今年は多くの方に朝のコーヒー時間をご一緒していただいて、素敵な一年になりました。

図を描いて理解する派と表を書いて理解する派の攻防

今日は何となく思っていることをつれずれに。
人と一緒にひとつのプロジェクトを立ち上げたり運営していく時に、意外にメンドクサイなあと思うことに、説明に対する好みというのがあります。つまり、図を描いて説明した方がわかってくれる人と表や文章で説明した方がわかってくれる人がいるということです。逆に言えば表や文章ではわからない人と図だけではわからない人がいるってことでもあります。もちろん説明する側にも好みがあるので、自然に絵を描く派の人は人に説明するときには絵を描いて説明することになるわけです。これが意外とうまくいかない。
 

続きを読む “図を描いて理解する派と表を書いて理解する派の攻防”

青いヒト

自分で言うのもなんだが、わりと同じものを毎日着ている。
といったって洗濯していないっていう意味でも、まったく同じものをたくさん持っているという意味でもなくて、
割と青いシャツが好きだ、ということ。

あんまり服装にうるさくない職場なので、基本ジーパンにシャツ、セーターといういでたちで毎日いるのだが、割と男物のSサイズの青のストライプとかそういう襟のあるシャツが多い。昔からそんな感じなのだが、ヨーロッパのオジサマたちの、張りのあるフレンチブルーのシャツの腕まくり姿などにあこがれて、なんとなく近年それが加速しているような気も少々。
さして着道楽でもない私のワードローブなどたかが知れているわけで、手持ちの服とアレンジしやすい服を買い足していくのだから、なんかいつも同じ感じのものを着ているヒトと思われているようだ。たまに白のリブ編みのカーディガンとか着ていくと、どうしたの、それ自分で買った?とか言われてしまう(まさにそのカーディガンは貰い物だったのだけれど)。
まあ好きなんだからしょうがないし、統一感があっていいんじゃない?と思っていたのだ、つい最近までは…。

続きを読む “青いヒト”

普通の人は人生でどのくらい大吉を引くのだろう?

皆様ご無沙汰しております。相変わらずのマイペース更新のこのブログですが、また少し書く気持ちになってきたので、しばらくお付き合いいただければと思います。 約一年半の二度目の英国暮らしでしたが、無事帰国して通常勤務に戻ったら … 続きを読む 普通の人は人生でどのくらい大吉を引くのだろう?

甘党の大辞林と英辞郎:トマト大福はそんなにメジャーなのか?

チョコレートではありません相変わらず苦手な英文の読み書きですが、職場ではオンラインの英英、英和、卓上の英和、PC上のシソーラスを適当に使って仕事しています。しかし家ではそんなにオンライン環境もよくないのでもっぱらipadに入っている英辞郎と大辞林と卓上のvisual dictionaryの組み合わせで済ませています。

 先日何気なく大辞林をいじっていると、「トマト大福」という項目が目に留まりました。え?トマト大福って、苺大福のトマト版ってこと?一応確認してみるとまさに餡子とともにトマトがつつまれた…みたいな説明が書いてあります。それってそんなに一般的な食べ物なのか?確かに大辞林は「現代語を重視した」辞書ですが(ちゃんと序に書いてある)、もちろんひいてみてのっていない言葉だって結構ある中で、総項目数23万語、トマト大福は選り抜いて載せるべき単語なのだろうか?苺大福はそれはそれでちゃんと載っているし。

続きを読む “甘党の大辞林と英辞郎:トマト大福はそんなにメジャーなのか?”