いいねの数だけ好きな帯文

以前も何回かやっていますが、Twitter上のタグを使った遊びに参加して、字を書く機会を増やしています。今回は #いいねの数だけ好きな帯文を言う で遊んでみました。

最終的には47もいただいたのですが、キリがないので、書き始めたときの31でいったん〆とさせていただきました。紙は満壽屋×Nagasawaコラボのリフィル「切り取りメモ」を文字通り切り取って使いました。インクは色々。ただ夜やってるせいで照明がオレンジよりなのと、少々ペンの中で煮詰まったインクもあるので、色は参考程度で。↑ツイッターのツリーをたどっていただければインクの名前は書いてあります。

  1. 毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。
    『かもめ食堂』群ようこ 幻冬舎
  2. 今日も水やり
    『園芸家の一年』カレル・チャペック 平凡社ライブラリー
  3. 科学を殺人の道具に使う人間は許さない。―絶対に。
    『ガリレオの苦悩』東野圭吾 文藝春秋
  4. 食べられないけど、言葉っておいしい。
    『アイスクリームの皇帝』柴田元幸 河出書房新社
  5. ★色刷り魚類画多数収録★
    『グールド魚類画帖』リチャード・フラナガン 白水社
  6. 果てしない未来と果てしない不安 甘いお菓子が必要だ。
    『アンと青春』坂木司 光文社
  7. 人の魂、本棚に宿る。絶景かな絶景かな
    『絶景本棚』本の雑誌編集部 本の雑誌社
  8. 無意味は人生の本質だ。
    『無意味の祝祭』ミラン・クンデラ 河出書房新社
  9. 情熱トンチンカン 妄想あんぽんたん
    『悶絶スパイラル』三浦しをん 太田出版
  10. 世界からことばが消えてゆく小説
    『残像に口紅を』筒井康隆 中央公論社

帯文というと、結局中身の抜書きでは?と思うかもしれませんが、意外とそうでもない。韻を踏んでたり、七五調なのは、ちょっと売り手のかけ声のようでちょっと面白い。


  1. 80過ぎても「世界の旅」は継続中ですのよ!
    『わたくしが旅から学んだこと』兼高かおる 小学館文庫
  2. 旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない。
    『ラオスにいったい何があるというんですか?』 村上春樹 文藝春秋社
  3. ここにあるのは幸福な魂の食事
    『やわらかなレタス』江國香織 文藝春秋社
  4. 寒いぞぉーうまいぞぉー
    『面白南極料理人』西村淳 新潮文庫
  5. いい大人なのに子供みたいなふたりの会話がイチオシ!
    『つれづれ、北野坂探偵社ー心理描写が足りてない』河野裕 角川文庫
  6. あなたは今、この星のどこにいますか?
    『私たちの星で』師岡カリーマ・エルサムニー 梨木香歩 岩波書店
  7. たとえ、うまく話せなくても、心には、言葉を持っているのです。
    『跳びはねる思考』東田直樹 イースト・プレス
  8. 天然キャラの女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説 in 京都
    『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 角川書店
  9. つまみぐい、積もり積もれば、フルコース。
    『つまみぐい文学食堂』柴田元幸 角川文庫
  10. 私の運命のオトコが、なんでサル顔なわけ!?
    『モンキームーンの輝く夜に』たかのてるこ 幻冬舎

「ナツイチ!」とか「イチオシ!」とかシーズンのキャンペーンの帯が意外と多くて、帯文として引くのにはちょっとなあ(作品と直結していないことが多いので)というものも。村上春樹の「 旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない。」なんて、おー、なんか旅行代理店のキャッチコピーに使えそうな…と思ったかっこよさだけど、よく考えたらそんな旅行代理店は嫌だ。


  1. 「この手紙の中にも、〈謎〉はあったでしょう?」
    『スペース』加納朋子 東京創元社
  2. 人生の質はワザの数で決まる
    『ライフハック大全』堀正岳 KADOKAWA
  3. 美しいと思う心は、なんて美しいんだろう。
    『不見の月 博物館惑星II』菅浩江 早川書房
  4. すべての東京の屍に捧ぐ
    『東京百景』又吉直樹 ヨシモトブックス
  5. 世界のすべては質問からはじまる。
    『星空の谷川俊太郎質問箱』谷川俊太郎 ほぼ日
  6. 今日買ったこの本は悪魔的にロマンティックじゃないか
    『きっとあの人は眠っているんだよ』穂村弘 河出書房新社
  7. 人生は苦。諸行無常の世の中だけど……、そこがいいんじゃない!
    『マイ仏教』みうらじゅん 新潮新書
  8. 念のためですが、私自身は出産しておりませんので、どうぞ、お祝いは送らないでくださいまし。
    『予定日はジミー・ペイジ』角田光代 新潮文庫
  9. 静謐な愛、死の恩寵
    『夢のウラド』F・マクラウド/W・シャープ 国書刊行会
  10. 男たちなど滅びてしまえ 吹け、滅びの風―
    『少女七竈と七人の可愛そうな大人』桜庭一樹 角川文庫
  11. この本が売れなかったら、私は編集者を辞めます。
    『ヒッキーヒッキーシェイク』津原泰水 ハヤカワ文庫

最後は最近話題になったこの本で。本自体面白かったけど、この帯文はちょっと掟破りだろうから(なりふり構わない感じ)、このまま我が家の本棚に帯付きのままこの文庫がいて、かなりたってからこの帯をみたら「大げさだなあ」と思うのか「そういえば、そういう事件もあったね」と思うのか。

帯文ということで、普段私が好んで紹介するタイプの本だけでもない、不思議なラインナップになりました。これもまた本の顔だと思うと、こんどから帯も大事にせねばなあ。

本棚はこちらから

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です