いつも見てくださる方に季節のご挨拶 Season's greetings!

Season’s Greetings!
というわけで、いつも写真を見ていただいている皆様、ありがとうございます。

例年ですと、ケーキに鶏にとクリスマスディナーの様子をアップしているのですが、今年は連休にもかかわらずお仕事だったので(日の出前に起きての出張だったのでやさぐれてた⇒月の残る朝焼けを撮ってみた)、むりはせず、ケーキも行列に並ぶのがいやでクリスマス和菓子にしたりと、色々とのんびりなクリスマスでございました。

クリスマスといえば、プレゼント(自分へのご褒美も含め)でなにかと万年筆が増える季節。今年はちょっとハンサムな万年筆をお迎えしました。

Watermanのカレン。もともと、一番長く使っている万年筆がWatermanのエキスパートなので、世間では硬めと思われているあのニブも私にはさほど抵抗はないのですが、カレンは特に巻きニブなので、スタイルは本当にかっこいいのに手を出し損ねていたというペンでした。そして書いてみたら、重さがちょうどよくて大変書きやすい(これはヌルヌル系の書き味がお好きな方には向かないとは思いますが)。早書きにもついてきてくれるし、とても自分にあったタイプのペンで早速愛用しています。Kingdom Noteのインク、ルリカケスの色が軸の色にもあって、しばらくはこのインク固定でいこうかなと思っているところです。
インスタグラムでこの写真のタイトルは「クリスマスプレゼントを愛でつつ飲む今朝の #コーヒー」だけど、実は自分へのクリスマスプレゼントはこの写真を撮ってるレンズだったりする(ノ≧ڡ≦)

追記(2018/6/25):
この時から大分たちましたが、カレンは相変わらずルリカケス固定で使っています。
やはり、ウォーターマンなので、インクは少し多めに滴らせてからひいて使っています。いまのところ大きなインクの漏れ事故はおこしていませんが、たまーに手がちょっと青くなることも。まあその辺はご愛敬(飛行機はよしたほうがいいだろうなあw)。ヨーロッパのペンらしく、Fといいながらかなり太目なので、大胆に書けるのがいいところ。筆記体を早書きで書いてもちゃんとついてきてくれます。かなり使い込んだので、手にもあってきて良い感じです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です