「いいねの数だけ好きな作家と作品3冊を紹介する」の話

 

ちょいとばかり間があいて恐縮のkonamaです。暑い日が続きますね。

このところ2つほど、本に関わるツイッターのお遊びに参加しておりました。私のツイッターのTLは基本的に万年筆、ノート、本、コーヒー、盆栽がご縁でフォローさせていただいていることが多いので、本に関するお遊びは万年筆、ノートと絡めて、結構まわってくることが多いです。今回は上の#いいねの数だけ好きな作家と作品3冊を紹介する と #1RTごとに部屋にある本の106ページ3行目を晒す をやってみました。どちらも、まあタイプしてしまえば良いわけですが、そこは万年筆を使いたい私、106ページの方はいろんなメモや紙を、作品3冊の方はまとめて愛用のモレスキンに書いてみました。こういうのは書き始めると色々楽しくなるものです。

 

 

#1RTごとに部屋にある本の106ページ3行目を晒す の方はちょっと苦労しました。皆様たくさん参加していただけまして、なんと39冊!最初のころそこまでいくと思っていなくて、せっかくだから違うペンで、違うインクがいいかなあとはじめて見たのですが、最後の方は青息吐息。インクは39色以上あるけど、ペンはないということがわかりました(途中普段使っていないペリカーノJrとかまで登場させたけど何本かは再登場w)。こういうのって、自分の手持ちのペンやインクの傾向がはっきり見えてしまうので、ちょっと恥ずかしいのですが、自分の手持ちを把握しておくのには結構良い機会かもなと思いました。まああんまりぞろっと揃えるタイプでもないし、色やシリーズで固め打ちのタイプでもないので、まだまだ勉強が必要だなあと思ったところ。しかし、書いたからって全部のペンをレギュラーで使えるわけでもないので、そのあとの洗浄祭りが大変でした。

 

 

 

39冊というと選び取るとするなら多いような少ないような。確かに本棚にその数倍の本が刺さっているわけですが、これがなかなか難しい。是非紹介したいという本に限って、106ページが白紙だったりするのです、これが。あとは、どう抜いても、かっこつかない文章の場合はちょっとパスしたいですしね。厳密に3行目ということで、文章と関係なく書いていらっしゃる方も多くて、それもこの遊びの本来の面白味のひとつかなとも思ったのですが、やっぱり字を万年筆で書くというならば、ひとまとまりの文章がよいかな、と思って私は「3行目がはいっている文章」ということで抜書きしていました。

 

普段からモレスキンで抜書きをしているわけですが、こんな「抜書き強化月間」があったものですから、ちょっといつもの抜書きの登場頻度が減っております。本は色々読んでいるので、もう少ししたら徐々にペースを戻して行けたらなと思っています。結局2016のダイアリーを2年掛けて埋めているような具合です。わたしがもたもたしている内に来年はデイリーダイアリーのXS復活してくれるといいなあ、と虫の良いことを考えています。

 

 

Pocket

「いいねの数だけ好きな作家と作品3冊を紹介する」の話” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です