小さな出来事をつれづれと ~5月の花

お久しぶりのkonamaです。年末年始に書きかけの記事があって、なんとなくアップするタイミングを逃していたら、もう5月!あっというまですね。

もう少しお気軽に更新をした方がいいよなあ、ということで、リハビリがてらしばらくちまちまと小さなテーマで書いていきたいと思いますので、よろしくお付き合いくださいね。

5月はお花の季節。近所のバラ園もちょうど見頃を迎えているようですし、自宅には実家の庭の芍薬がやってきました。大輪の花はゴージャスですけど、かなりしっかり中身が詰まっていて、ふかふかと不思議なお花です。(下は、芍薬を背景にコーヒーを淹れてるの図)

この季節、実はもう一つ気になるお花があって、「エルダーフラワー」という小さい白い小花があつまったようなお花です。日本名はセイヨウニワトコ。ヨーロッパだと、普通に庭先に植えているおうちもあって、爽やかな甘い香りがする初夏の便り。このお花見た目も素敵なのですが、シロップにして香り付けしたり、ハーブとしてたのしんだり(一般にのどとか気管に良いってことになってた気がする)飲み物のイメージの強いお花。昔は多くのご家庭で、この時期に自家製のエルダーフラワーコーディアル(シロップ)を仕込んで飲んでいたようです。

私はこの花の香りと自然な甘みが大好きで、エルダーフラワーのソーダとかシロップとか見つけるとつい買ってしまうのですが(日本でも割と手に入りますし、IKEAでもたしか売っていたはず)、最近Twitterでフォートナム&メイソンのフレーバードグリーンティのエルダーフラワーというのを見かけて、早速買ってきたのが下の写真。

グリーンティ、ですから緑茶なわけで、香りとちょっと甘みを感じるお茶です。写真の様に普通にホットで飲んでも美味しいですが、水出しにしてアイスでのむと、飲みやすい爽やかな飲み物です。ティバッグに入れて水筒に氷と水をいれて仕事場にもってきてのどを潤しています。まだ試していないのですが、炭酸水で水出しするとティーソーダになってよいとのこと、夏の糖分の入っていない飲み物として活躍しそうです。

よく考えたら、数年前にKIRINの世界のKitchenからシリーズでSparkling water エルダーフラワー&レモンピールのほのかな香りというのがペットボトルででてましたね。もちろん出たとき、そして数年前再販されたとき、いそいそと飲んだのですが、ちょっと自分の想像していたのと違ってがっかりした記憶があります(たしか炭酸とレモンがちょっと強すぎた)。結局コーディアルを炭酸で割ったりして飲んでましたね(これだとシロップなのでちょっと甘いですが自分の好みで調整できるので)。

どうやら最近はエルダーフラワーのリキュールなんてものもあるようなので、自宅でちょっとお酒を飲む時にも良さそうです。今度ちょっと試してみようかな。

そんなわけで5月のお花もあっという間に様変わりしていって、後半に入ったこの時期、もうあじさいが咲き始めました。梅雨がはじまる前に、グリーンカーテン用のネットも張らなくては。小さなベランダ園芸でも5月は色々とやることがいっぱいです。

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です