本日のコーヒーは新調したお財布と

新しいお財布はブライドルレザーの長財布にしました。

長年尻ポケットに折り財布で、手には何ももたないというのが、自分のスタイルだったのですが、いい加減いい歳して尻ポケ財布もなあという気がしてきて、財布を新しくするにあたって、長財布にしてみたのです(ついでにお金も貯まらないかなあという下心もチラリw)。

もちろん折り財布を使ってきたというのにも理由があって、海外出張などでひとり旅が多いと、おもむろに財布だしたりするのはどうも防犯上よろしくない気がするのと、うでにかけるハンドバッグや小さい鞄がどこかに置いてきそうなのと煩わしそうなのが、自分の性格的に合わないなあと思っていたから。

そんな風に思ってしばらく長財布を物色していたのですが、これがなかなか思ったような物には出会えない。厚すぎるのやチャックがついているのはちょっとなあ。できればコートの内ポケットからすっとだせるような(実際には女の人には難しいのですが、薄いお財布をスーツの内ポケットからすっと出す男の人の仕草はいいなあと昔から思っています)、そんな薄さのお財布。ひらひらしてどっか行きそうなのも困るけど、堅すぎてごつごつしているのもイメージ似合わない。コインパースを使うから、小銭入れる場所は要らないけど、カード類は多いから、カード入れるところは多めにほしい。中身が負けちゃうようなすごい財布もちょっと遠慮したいので(上の条件を満たすお財布って、超高級ブランドだと結構あるのです)、ブランドでございみたいなやつではないもの…まあそんなのそうそうないわけですよ。

相変わらずイメージ固まるとなかなか買えない、お買い物下手な私ですが、この日は、たまたま愛用の青皮の2本差しのペンケースとおんなじ感じの色の財布に出会いました。特にすごいブランドでもなくほどほどのお値段。小銭入れはついてるけど、さして厚みはないし、納得のお迎えです。おかげで、普段の鞄の中身の配置が変ったり、お財布にちょうど良いショルダーバッグが必要になったり、お財布一つで実はいろんなスタイルが変りそうです。自分にとって良い(できれば大人でエレガントなw)変化だと嬉しいなあと思っているのですが、まだ慣れずにあれ?とか言いながら鞄をさぐってあたふたして、エレガントとはほど遠い姿をさらしております。

 

手前にうつっているかわいこちゃんはパイロットの古い万年筆です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です