プラハの旅はさらに続く

さて、プラハの旅日記も3回目。そろそろカレル橋に到着しないと。ただ、カレル橋→プラハ城はとにかく超観光名所なので、人が多い。そして、絵葉書っぽい写真に飽きてきたところでもあるので、意外とそれっぽい写真はなくて、お店の看板とかそんなものばっかり撮っています。

9月だけど日差しが強いので、休憩が必要です

前回のトゥルデルニーク(コロネみたいな菓子)のお店を通り過ぎると、カレル橋までちょっとした坂。この塔の向こうに橋があるはずです。

しかし、道は狭くなってくるし、暑いしで、少々きつくなってきたところ。やっぱり休憩しないとね。こんな感じのパティオみたいな作りのカフェで一休み。

橋…と思ったんだけど、なんせ人が多すぎて載せられない写真ばかり。これはわたっちゃった向こうのプラハ城に続く道。

こういう看板がたのしくて、色々撮ってる。一番下のペン先の看板は、お!万年筆か?と思いきや残念ながらタトゥーのお店。

頑張って坂をあがると(上のアイスクリームの看板の坂)ようやく、お城に到着。衛兵さんもあついのにご苦労様です。(実は城の中はめんどくさくなって入らなかった←)

ちなみに衛兵さんの右サイドはこんな景色。坂上がってきた甲斐があるってもんです。

とはいえ、2つも坂上がって、ちょっとへとへと。まずは腹ごしらえを。お城の広場のちょっと奥にビアレストランがありました。ここも中庭でのんびりご飯。

帰りは人混みに疲れて、橋の手前でカメラをしまっちゃいました(奥のトンネルが橋の入り口で、 トップの画像が、反対側の橋のたもと )。

つづく

Pocket

プラハの旅はさらに続く” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です