【24】コーヒーと絶滅(最終回)

#inktober 24日目のお題はExtinct.

10月の1-31日に毎日作品を上げるチャレンジでしたが、残念ながら月の後半から仕事が忙しくなって24日目でギブアップ。11月も半ばになってですが、Twitterに上げていた24日目をあげて、今回のまとめとしたいとおもいます。毎日しょうもないつぶやきとなんとなく思いついたお話を読んでくださってありがとうございます。

さて絶滅ですよ。滅びの呪文系か人類終了系か、ジュラシックパークか?と思ってたのですが、意外なことにこのセリフはミス・マープル。

24. Extinct.

『ポケットにライ麦を』の正真正銘のラストフレーズです。

どんなことで滅びがささやかれているのかは、宇野利泰先生にお任せすることにして(wikiみたらみんな絶版になっていて、新訳がでていた。ちょっとさみしい)、ミス・マープルの長編であるところのこのお話でも、しんみりしてしまうラストが待っています。ネタバレするつもりはないのだけど、全般に若い女子がかわいそうな目にあうことが多い気がする(夢見がちな性格が原因で)、マープルものです。逆にポワロには悪女系が多い気がするのだけど気のせいかしら。

高校生~大学生時代にアガサ・クリスティはあらかた読んだのだけど、その当時はハヤカワ文庫と創元推理文庫があって、基本的には赤い背表紙のハヤカワ文庫を片っ端から読んでいた記憶があります。創元もミス・マープルものは手元にあるから、どちらも買ってたのでしょうね。今は町の本屋さんにハヤカワとか創元がずらりと並んでるなんてところはなかなかなくなってしまったけれど、当時の実家の最寄り駅の書店はさほど広くない店内だったのに、がっちりとハヤカワや創元、ポケミスなんかもしっかりあって、今思えばなかなか贅沢な環境でした。

ポワロもマープルも好きだったけど、おしどり探偵(トミーとタペンス)とか、パーカー・パインとかも気に入って繰り返し読んでいたのを思い出しました。中高では、どちらかというと密室ものとかそういう推理でございって感じのが好きだったのだけど、高校の後半ぐらいから、ストーリーやキャラクターが立ってるタイプのも読めるようになったんですかね。あんまりミステリーを読んでる感じではないですけどね。

絶滅するコーヒー

さて、最終回で絶滅するコーヒーというと、いかにもな感じですが、地球温暖化で失われそうなコーヒー……の話ではなく、地価の高騰(?)で失われそうな純喫茶のお話を。

 昭和の人間なので、学生時代は今みたいな、スタバとかそういうおしゃれ系チェーン店はほとんどなかったので、お茶を飲もうと思ったら個人経営の喫茶店か、珈琲館とかコロラド、ルノアール、ドトールといった渋めのチェーン店がメインでした。学生街は、ビジネス街の一角ではありましたけど、地下に降りて行く言われなければ見つけられないお店や、変な名前のパフェや変わりコーヒーが並んでいるメニューとか、破けたソファーにガムテープ貼ってるお店とか、誰とどんな気分の時に行くかでいろんな選択肢がありました。学生時代はオーケストラに入っていたので、名曲喫茶とかもレコードを聴きによく行きました。

 私が学生の頃はおそらくそういう喫茶店文化の終わりが近づいていたころなのかもしれません。数年日本を離れて帰ってきたら、居心地のよかったお店はみな無くなってしまっていて(あるいは移転してしまって)、頭の中の喫茶店地図を再構築する羽目になりました。個性的な店は減ってしまって、妙にイイ感じの店(大抵混んでるのもあって落ち着かない)や健全風のお店(自家製ジンジャーエールとかある感じの)が増えて、それはそれでいいんだけど、さみしいなあと思うことも多いです。星乃珈琲とかそういう感じ(アイスコーヒーが銅のカップででてくる系)を再現しているのだと思うのだけど、ちょっと落ち着かないのはなんでなんでしょうねえ。

 エスプレッソじゃない美味しく淹れた珈琲(まあたまに強烈に苦かったり酸っぱかったりするけれど)と、いつ行ってもほどほどにお客がはいっていて、適当にほっておいてくれる喫茶店、ないわけじゃないんだけどそのために駅からずっと歩くっていうのもなんかチガウ気がして、私の頭のなかの喫茶店地図は最近なかなか増えません。

 旅先で、ふらっと入った喫茶店が理想的だったりすると、嬉しい反面通えないよなあという哀しみもあって、色々考えてしまいますけど、炎天下の牛窓(岡山)を歩いていて、あまりの暑さに逃げ込んだ昔風の喫茶店でたまたま来ていたお客さんにキュウリをたくさんもらう、とかそいういうエピソードを思い出すと、またちょっとそんなお店に立ち寄ってみたいなあと思うのです。

というわけで、昔語りでおわってしまいました。下は1日から24日までの一覧。写真だけなので記事を読みたい場合は、1日目からさかのぼっていただけるかタグでinktoberで拾っていただければと思います。↓

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です