【3】コーヒーのイレモノ

#inktober 3日目のお題はvessel。

便宜上タイトルにはイレモノと入れましたが、vesselというと、船、容器とか入れ物の意味とblood vessel血管のように管の意味がありますよね。私が自分で一番使うのはやっぱり血管の意味ですかね。

そんなことをいいつつ、今日の文字の練習に使ったのは「容器」の意味ですね。書き終わってから、「オリジナルは英語じゃないじゃん、プルタルコス確かギリシャ人だし」と気が付きましたが、私のうっかりは今に始まったことではないので、そこは流していただければ幸い。

コーヒーと○○というテーマって意外と簡単なようで思い浮かばないもので、話を書き始める前にとりあえずネットでそのままひいてみたりします。Coffee Vesselで検索すると実はぱっと「crossword clue」つまりクロスワードパズルのヒントというのが出てきます。ああ、確かに日本語的には「コーヒーの入れ物」というヒントというのはありそうです。じゃあこのヒントでなんの言葉を入れるか、なのですが、「マグ」とか「キャニスター」とかですかねえ。もちろんクロスワードですから、文字数そのものがヒントになるわけで決まった答えがあるわけではないのですが、第1位の答えが「URN」、その次が「MUG」でした。マグはともかくURNってなーに?

今回初めて知ったのですが、よくホテル等でみかけるコーヒーをいれとくこういう容器のことを「コーヒーアーン」と呼ぶのですね。もともとは上部にフィルターが付いていて、コーヒーを淹れて貯めておくというものみたいですけどね。

うん、そしてきになる「URN」という言葉。これ確か「骨壺」って意味あるよねえ。
案の定左側のアーンの説明書きはこんな感じに…↓

この骨壺でコーヒーを淹れますか?はなかなかスゴイなあ。

そんなわけで、このコーヒー用骨壺は満たされるべき器で燃やされるべき器(固形燃料ホルダーついてる)なようです。

3.Vessel

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です